その他スポーツ

卓球中国代表の受け入れ難航 新型コロナで自治体断念

2020/2/29 12:55
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大により中国に帰国せず海外で調整を続ける卓球同国代表を、日本に受け入れる計画が難航していることが29日、分かった。政府がイベント自粛や全国の小中高校などに臨時休校を要請する中、当初受け入れ予定だった自治体が断念した。日本卓球協会関係者が明らかにした。

中国代表チーム約50人は1月にドイツでの大会に向けて出国後、中国協会から帰国しないよう促され、現在は3月上旬に国際大会が行われるカタールで調整している。チーム内に発熱などの症状は出ていないという。

受け入れ計画を進めていた日本協会は今後も中国チームと連携しながら支援策を探る。関係者は「われわれは(協力を)諦めてはいない」と話した。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 日本カヌー連盟は8日、持ち回りの常務理事会を開き、東京五輪の1年延期に伴う出場権の扱いについて、既に代表に決まっているスラローム男子カナディアンシングルの羽根田卓也(ミキハウス)ら8選手の資格の維持 …続き (18:23)

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)大阪は8日、新たに3選手が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性が確認されたと発表した。チームの感染者は選手7人、関係者1人の計8人となり、クラスタ …続き (15:52)

 国際自動車連盟(FIA)は7日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、自動車F1シリーズで第9戦としてモントリオールで6月14日に決勝を予定していたカナダ・グランプリ(GP)を延期すると発表した。F1 …続き (10:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]