/

幕内豊山、右腕負傷で休場 十両転落へ

豊山=共同

大相撲の東前頭15枚目、豊山(27)=本名小柳亮太、新潟県出身、時津風部屋=が春場所14日目の27日、日本相撲協会に「右遠位上腕二頭筋腱断裂で約4週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。今場所は右腕にサポーターをしており不安を抱えていた。13日目まで4勝9敗で、来場所の十両転落は確実。

豊山の休場は昨年秋場所以来3度目。14日目の対戦相手、琴ノ若は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は白鵬、鶴竜(引退)の両横綱らに続いて7人目となった(再出場者を含む)。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン