/

J1神戸、フィンク氏が新監督就任 今季2度目の交代

J1神戸は8日、吉田孝行監督(42)が退任し、新監督にドイツ出身のトルステン・フィンク氏(51)が就任すると発表した。神戸の監督交代は今季2度目。

フィンク氏は現役時代に守備的MFとしてバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)などでプレー。バーゼル(スイス)やハンブルガーSV(ドイツ)などで指揮を執り、2018~19年シーズンはグラスホッパー(スイス)の監督を務めた。

神戸は4月17日にスペイン出身のリージョ監督が辞任。吉田監督が後を引き継いだが、就任後にJ1で5連敗を喫するなど、チームの立て直しは思うように進まなかった。第14節終了時点で4勝2分け8敗の勝ち点14で13位となっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン