サッカー

J1神戸、フィンク氏が新監督就任 今季2度目の交代

2019/6/8 14:55
保存
共有
印刷
その他

J1神戸は8日、吉田孝行監督(42)が退任し、新監督にドイツ出身のトルステン・フィンク氏(51)が就任すると発表した。神戸の監督交代は今季2度目。

フィンク氏は現役時代に守備的MFとしてバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)などでプレー。バーゼル(スイス)やハンブルガーSV(ドイツ)などで指揮を執り、2018~19年シーズンはグラスホッパー(スイス)の監督を務めた。

神戸は4月17日にスペイン出身のリージョ監督が辞任。吉田監督が後を引き継いだが、就任後にJ1で5連敗を喫するなど、チームの立て直しは思うように進まなかった。第14節終了時点で4勝2分け8敗の勝ち点14で13位となっている。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーの米プロリーグMLSでフィラデルフィアを本拠地とするユニオンは1日、選手1人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表した。AP通信によると、同リーグの選手で感染が確認されたのは初め …続き (11:05)

 J1のG大阪は2日までに新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、トップおよびU―23(23歳以下)チームの活動を13日まで休止することを決めた。
 対象となるのは選手、監督、コーチ、スタッフで、クラブ …続き (11:04)

 【ベルリン=共同】欧州サッカー連盟(UEFA)は1日、新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況を踏まえ、加盟各国、地域が参加してテレビ会議を開き、決勝の延期が決まっている欧州チャンピオンズリーグ(CL …続き (0:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]