サッカー

J1神戸、業務休止延長 5月6日まで

2020/4/11 17:38
保存
共有
印刷
その他

J1神戸は11日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受け、12日までとしていた神戸市のクラブ事務所、本拠地のノエビアスタジアム神戸などの業務休止期間を、5月6日まで延長すると発表した。クラブでは、これまでに元日本代表DF酒井高徳ら3人の感染が判明している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーJ2の琉球は5日、DF知念哲矢選手(22)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。7月31日のJリーグの公式検査による数値を基に、沖縄県内の医師から陽性判定された。クラブ内の濃厚接触者を確 …続き (11:24)

 Jリーグは4日、名古屋の選手らが新型コロナウイルスに感染して延期となったJ1第7節の広島―名古屋を11月11日に開催すると発表した。開始時間、会場は未定。
 当初は7月26日にエディオンスタジアム広島 …続き (4日 17:58)

 サッカーJリーグは4日、沖縄県で発令されている緊急事態宣言を受け、12日に沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで開催を予定しているJ2第11節、琉球―甲府を無観客で実施すると発表した。15日まで発 …続き (4日 17:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]