/

45回決着せず、31日へ 高校軟式野球の中京と崇徳

第59回全国高校軟式野球選手権大会の中京(東海・岐阜)と崇徳(西中国・広島)の準決勝は30日、兵庫県明石市の明石トーカロ球場で大会史上初めて3日目にもつれ込んだ戦いを延長三十一回から再開し、四十五回を終えても0-0で決着しなかった。規定により3日連続のサスペンデッドゲーム(一時停止試合)となり31日に持ち越された。

日本高野連によると、31日は最長で五十四回まで実施し、それでも決着しない場合は抽選で決勝進出を決める。

30日も中京は松井大河投手、崇徳は石岡樹輝弥投手が引き続き登板し、四十五回まで投げ抜いた。互いに一歩も引かない熱戦を一目見ようと、スタンドには前日より多くの観客が詰めかけた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン