サッカー

J1神戸、12日まで業務休止延長 選手が感染

2020/4/4 17:30
保存
共有
印刷
その他

サッカー元日本代表DF酒井高徳らの新型コロナウイルス感染が判明したJ1神戸は4日、神戸市のクラブ事務所などの業務休止期間を、5日までとしていた当初の予定から、12日まで延長すると発表した。本拠地のノエビアスタジアム神戸も同様に休止期間を延長する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

フライブルク戦の後半、ゴールを決めるEフランクフルトの鎌田=右から2人目(26日、フランクフルト)=共同

 【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1部リーグで26日、アイントラハト・フランクフルトの鎌田大地がホームのフライブルク戦にフル出場し、1―3の後半34分に左足でリーグ初ゴールを挙げた。試合は3―3で引 …続き (8:50)

Jリーグ

 新型コロナウイルスの影響で2月下旬から公式戦を中断しているサッカーのJリーグが、再開日について6月27日と7月4日の2案を軸に最終調整していることが26日、関係者の話で分かった。今後、各クラブに提案 …続き (2:01)

練習を再開したFC東京の渡辺(手前)ら(26日)=クラブ提供・共同

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除から一夜明けた26日、首都圏に本拠を置くJ1クラブもようやく動き始めた。FC東京は東京都小平市で約2カ月ぶりに再始動。29日に予定される公式戦の再開日程発表を控え …続き (26日 16:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]