2018年6月19日(火)
スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

武幸四郎調教師、初出走で勝利 兄の武豊が騎乗

2018/3/3 20:24
保存
共有
印刷
その他

 日本中央競馬会(JRA)で昨年2月の騎乗を最後に引退して調教師となり、厩舎を開業したばかりの武幸四郎調教師が、3日の阪神第1レースにおいて兄の武豊騎手が騎乗した1番人気のグアンで初出走、初勝利を挙げて幸先のいいスタートを切った。

 JRA初出走で初勝利を挙げた調教師は、2011年の高橋義忠調教師以来。騎手としてJRA通算693勝を挙げるなど活躍した武調教師は「ほっとした。調教師としての初勝利は騎手の時とはまた違うものを感じている。レースは結果というよりも、まずは無事に戻ってきてほしいという気持ちで見ていた」などとコメントした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第23回ユニコーンステークス(17日・東京11R1600メートルダート16頭、G3)1番人気のルヴァンスレーヴ(M・デムーロ騎乗)が1分35秒0で勝ち、重賞2勝目を飾った。
 後方を進んだルヴァンスレ …続き (17日 17:26)

 第25回函館スプリントステークス(17日・函館11R1200メートル芝16頭、G3)3番人気のセイウンコウセイ(池添謙一騎乗)が1分7秒6で優勝し、重賞2勝目を挙げた。
 好スタートから逃げたセイウン …続き (17日 17:25)

 日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(20)は17日、東京競馬第3レースでベルクカッツェに騎乗して1着となり、G1レースの騎乗が可能となる通算31勝を記録した。前日に続いての勝利で今年9勝目。通 …続き (17日 14:19)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]