/

メドベージェワ「来季に向け練習」 コロナ感染で出場できず

【モスクワ=共同】フィギュアスケート女子で2018年平昌冬季五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(21)=ロシア=が11日までにタス通信の取材に応じ、11月に新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。今季は一度も大会に出場できず「シニア6季目は恐らく私にとって最も厳しい」と語った。

今秋は背中の痛み、11月の大半と今月上旬に重い肺炎の症状に襲われた。11月後半のグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロシア杯(モスクワ)や今月の国内大会を欠場。氷上練習を8日に再開したが、今月下旬のロシア選手権(チェリャビンスク)の欠場も決め「次の大会、来季に向けて練習していく。健康問題が障害とならないことを願っている」と話した。

メドベージェワは平昌五輪後に羽生結弦(ANA)を教えるカナダのブライアン・オーサー氏にコーチを変更したが、今季からは五輪時の指導者だったロシアのエテリ・トゥトベリゼ氏の下に復帰した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン