/

空手の喜友名、コロナ陽性で自宅療養 五輪「金」の最有力候補

喜友名諒=共同

空手の形男子で東京五輪の金メダル最有力候補の喜友名諒(30)=劉衛流龍鳳会=が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことが19日、関係者への取材で分かった。18日朝に38度の発熱があり、病院でPCR検査を受けた。現在は自宅療養中で食欲はあり、重症ではないという。

師匠の佐久本嗣男・劉衛流龍鳳会会長によると、喜友名は東京・日本武道館で13日に開催された全日本選手権で史上最多の9連覇を達成し、14日に拠点とする沖縄に戻った。15~17日は那覇市の道場で各日約2時間稽古を行った。保健所が濃厚接触者を特定しているが、一緒に稽古した佐久本氏や同門の選手らは自主的に自宅待機している。

喜友名は世界選手権を2014、16、18年と3連覇中で、18年2月を最後に国際大会で負けがない。次の試合出場は来年3月ごろを予定しているという。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン