/

野中、スピードで日本勢初の表彰台 クライミングW杯

【ソルトレークシティー=共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は28日、米ソルトレークシティーでスピード第1戦が行われ、東京五輪女子代表の野中生萌(XFLAG)が日本勢初の表彰台となる3位に入った。

スピード第1戦で、相手に勝って笑顔を見せる野中生萌=右(28日、ソルトレークシティー)=USA TODAY

予選上位16人による1対1の決勝トーナメントに進んだ野中は準々決勝で8秒20の日本新記録をマーク。ポーランド選手と対戦した3位決定戦で先着した。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン