/

藤田菜七子騎手が落馬 右腕負傷

日本中央競馬会(JRA)で16年ぶりに誕生した女性騎手の藤田菜七子(18)=根本康広厩舎=が23日、東京競馬場での初騎乗となった第1レースの3歳未勝利戦で落馬し、競走中止となった。

5番人気のエレナバレーに騎乗した藤田は好位を追走。3コーナー過ぎから最内を通って進出したが、他馬に接触しバランスを崩して落馬した。すぐに立ち上がったが右腕の痛みを訴え「右上腕三頭筋損傷、頭部打撲」と診断された。

この日は7レースに騎乗予定だったが、大事を取って残り6レースは他の騎手に乗り替わった。

3月5日にJRAデビューを果たした藤田は、4月10日に福島でJRA初勝利を挙げた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン