2018年7月21日(土)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

カザイアが暫定首位 米男子ゴルフ第2ラウンド

2017/11/11 12:35
保存
共有
印刷
その他

 米男子ゴルフのOHLクラシックは10日、メキシコのプラヤデルカルメンにあるカマレオンGC(パー71)で第2ラウンドが行われたが、悪天候による中断を挟んだ影響で日没サスペンデッドとなった。競技を終えた中ではパットン・カザイア(米国)が通算10アンダー、132で暫定首位に立った。日本勢は出場していない。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

第2ラウンド、18番でトリプルボギーの松山。通算4オーバーの80位で予選落ち=共同

 1999年のカーヌスティでの全英、18番ホールで起きた「バンデベルデの悲劇」。2位に3打差を付けながら、トリプルボギーをたたき、プレーオフの末、優勝を逃したバンデベルデ(フランス)――。
 多くの選手 …続き (20:41)

 第2日、通算13アンダーで単独首位の小祝さくら=瀬田GC

 センチュリー21レディース第2日(21日・滋賀県瀬田GC=6518ヤード、パー72)初優勝を狙う20歳の小祝さくらが4バーディー、1ボギーの69にまとめ、通算13アンダーの131で単独首位を守った。 …続き (16:58)

第2ラウンド、18番をトリプルボギーとし、さえない表情の松山英樹(カーヌスティ・リンクス)=共同

 18番を1オーバーで迎えた松山。その時点で予想された予選通過ラインは2オーバーだったので余裕があった。そこに数々の悲劇を演出してきたカーヌスティの落とし穴が潜んでいた。
【関連記事】
松山が予選落ち、小 …続き (9:44)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

会員権相場情報

[PR]