サッカー

47歳三浦の現役続行を紹介 「キング・カズ」と英紙

2014/12/20付
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】英紙ガーディアン(電子版)は19日、J2横浜FCで来季も現役を続行する三浦知良(47)を「現役世界最年長のプロサッカー選手」として取り上げた。

サントス(ブラジル)で1986年にプロ生活をスタートさせ、94~95年シーズンにジェノア(イタリア)で日本選手として初めてイタリア1部リーグ(セリエA)でプレーした経歴のほか、「キング・カズ」の愛称なども紹介した。

同紙によると、イングランドの現役プロ最年長はトットナムに所属する43歳のGKフリーデル。イングランド・プレミアリーグの最年長出場は95年にマンチェスター・シティーのバリッジが記録した43歳162日。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の候補選手の合宿が23日、福島県のJヴィレッジで始まり、高倉監督は「守備の安定はチームの攻撃を強化する上でも非常に大事な要素。新しい選手も多いので、(守備の) …続き (23日 19:52)

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグF組でFC東京は24日午後1時(日本時間午後7時)からカタールのアルラヤンで上海申花(中国)と対戦する。23日に試合会場で記者会見した長谷川 …続き (23日 19:29)

 J1川崎の鬼木監督が23日、オンラインで取材に応じ、勝つか引き分ければ2年ぶり3度目のリーグ制覇が決まる25日のG大阪との直接対決へ「自分たちの思いをぶつけるゲームにしたい」と意気込んだ。4試合を残 …続き (23日 18:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]