/

藤田、JRAデビュー戦は2着 16年ぶりの女性騎手

中山競馬第2レースでJRAデビューを果たし、ネイチャーポイント(4)で2着となった藤田菜七子騎手(5日、船橋市)=共同

日本中央競馬会(JRA)で16年ぶりに誕生した女性ジョッキーの藤田菜七子騎手(18)=根本康広厩舎=が5日、中山競馬第2レースでJRAデビューを果たし、16頭中2着だった。

JRA7人目の女性騎手となった藤田は、3日の川崎競馬で中央に先駆けて6レースに騎乗し、2、3着各1回。この日は3戦未勝利で自厩舎のネイチャーポイント(3歳牡馬)に騎乗したが、中央で2004年6月の増沢(当時牧原)由貴子以来となるJRA所属女性騎手の勝利は持ち越しとなった。

藤田の5日の騎乗は1レースのみ。6日は2レースに騎乗する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン