2019年5月21日(火)

高校野球

新潟県高野連、球数制限の導入撤回へ 再考要請受け

2019/3/16 15:58
保存
共有
印刷
その他

新潟県高野連は日本高野連から再考を求められていた今春の新潟大会に限った投手の球数制限導入について、撤回する方針を固めたことが16日、分かった。関係者によれば、15日に開かれた新潟県高野連の役員の話し合いで決まった。週明けに正式に発表する予定。

新潟県高野連は昨年12月に、故障予防や選手の出場機会増などを目的に、投球数が100球に達した投手は、それ以降の回に登板できないというルールの導入を表明した。日本高野連は2月の理事会で「勝敗に影響を及ぼす規則は全国で足並みをそろえて検討すべきだ」などの理由で、再考を要請していた。

日本高野連は専門家を交えた「投手の障害予防に関する有識者会議」を4月に発足させる。新潟県高野連にも同会議への参画を依頼している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 今春の選抜高校野球大会で、サイン盗みを疑って異例の抗議を行い、日本高野連に謝罪した星稜(石川)の林和成監督(43)について、同校は15日、野球部の山下智将部長(37)とともに懲戒処分とすると発表した …続き (15日 19:02)

 選抜高校野球大会に出場した星稜(石川)の林和成監督(43)が今月上旬ごろから部員の指導を自粛していることが13日、同校関係者への取材で分かった。2回戦で習志野(千葉)に敗れた後、相手のサイン盗みを疑 …続き (13日 13:39)

PL学園高野球部のOBチームの練習試合で先発した桑田真澄氏(13日午前、大阪府内)=共同

 高校野球の甲子園大会で春夏合わせて7度の優勝を誇り、現在休部中の大阪・PL学園高野球部のOBチームが13日、大阪府内で練習試合を行い、プロ野球巨人などで活躍したOB会長の桑田真澄氏(51)が初参加し …続き (13日 12:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]