高校野球

桑田真澄氏、PLユニホームで登板 野球部OB練習試合
「マスターズ甲子園」出場めざす

2019/4/13 12:18
保存
共有
印刷
その他

PL学園高野球部のOBチームの練習試合で先発した桑田真澄氏(13日午前、大阪府内)=共同

PL学園高野球部のOBチームの練習試合で先発した桑田真澄氏(13日午前、大阪府内)=共同

高校野球の甲子園大会で春夏合わせて7度の優勝を誇り、現在休部中の大阪・PL学園高野球部のOBチームが13日、大阪府内で練習試合を行い、プロ野球巨人などで活躍したOB会長の桑田真澄氏(51)が初参加した。「4番・投手」で先発出場し「昔、一緒に戦った仲間と同じグラウンドでプレーできてうれしい。もうちょっと体を仕上げて、チームに貢献したい」と笑顔で話した。

清原和博氏との「KKコンビ」で甲子園を沸かせた桑田氏は「PL GAKUEN」のユニホーム姿で登板した。ゆったりとしたフォームから得意のカーブを交えて投球し、1回を失策絡みの1点に抑えた。打席では一回無死満塁で右前に落ちる適時打を放った。

チームは高校野球部OBらで争う「マスターズ甲子園」出場を目指している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

今夏の岩手大会で注目された大船渡の佐々木朗希投手=共同

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれる。目玉は最速163キロで「令和の怪物」とも言われる佐々木朗希(岩手・大船渡高)と、今夏の甲子園で準優勝した奥川恭伸(石川・星稜高)の2人の高校生投手 …続き (16日 20:54)

 日本高野連と全日本大学野球連盟は3日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で246人(高校139人、大学107人)が届け出た。17日に行われるドラフト会議で …続き (3日 19:17)

プロ野球志望表明の記者会見で笑顔を見せる大船渡高の佐々木朗希投手(2日午後、岩手県大船渡市)=共同

 高校野球で球速163キロをマークし「令和の怪物」と称される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手(17)が2日、同県大船渡市内で記者会見に臨み、プロ野球志望を表明した。「レベルの高いところでプレーしたいと思 …続き (2日 20:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]