/

陸上・新谷仁美「しっかり準備」 五輪代表3選手が抱負

陸上の日本選手権長距離種目で優勝し、東京五輪代表に決まった男女3選手が大会から一夜明けた5日、大阪市内で記者会見し、女子1万メートルで日本記録を大幅に更新した新谷仁美(積水化学)は「最高のパフォーマンスを見せられるように、しっかり準備していきたい」と抱負を述べた。競技を一度離れた経緯のある32歳。2大会ぶりの五輪へ「日本人でもやれることを証明したい」と意欲を燃やした。

記者会見でポーズをとる、陸上の東京五輪代表に決まった3選手。(左から)女子1万メートルの新谷仁美、女子5000メートルの田中希実、男子1万メートルの相沢晃(5日午前、大阪市)=共同

男子1万メートルで日本記録を塗り替え五輪切符をつかんだ23歳の相沢晃(旭化成)は「選ばれたからには結果を残すことが使命」と語り、新谷とともに5000メートルでの代表入りにも意欲を示した。

女子5000メートルの21歳、田中希実(豊田自動織機TC)はまだ実感が湧かないそうだが「責任を持って自分の力を出し切りたい」と引き締まった表情。「ずっと自分を超え続けるというスタンスで取り組んでいきたい」と進化を誓った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン