2018年7月22日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング田口「勝つのは僕」 31日にトリプル世界戦

2017/12/30 22:41
保存
共有
印刷
その他

 ボクシングのトリプル世界戦(31日・大田区総合体育館)の調印式と前日計量が30日、東京都内で行われ、世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)ら出場6選手はいずれも1回目で計量をパスした。

調印式を終え、ポーズをとるWBAライトフライ級王者の田口良一(左)とIBF同級王者のミラン・メリンド(30日、東京都内のホテル)=共同

調印式を終え、ポーズをとるWBAライトフライ級王者の田口良一(左)とIBF同級王者のミラン・メリンド(30日、東京都内のホテル)=共同

 田口は国際ボクシング連盟(IBF)同級王者ミラン・メリンド(フィリピン)と団体王座統一戦を闘う。リミットより100グラム軽い48.8キロで「いい状態でリングに上がれる。厳しい闘いになると思うが、勝つのは僕」と日本人3人目の統一王者へ意欲的。メリンドは48.7キロだった。

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級王者で初防衛を目指す木村翔(青木)は50.7キロで「日本人対決に恥じない熱い試合をしたい」と語った。同級1位の五十嵐俊幸(帝拳)は制限体重の50.8キロでパスし「やるべきことは全てやってきた」と話した。

 IBFミニマム級王者の京口紘人(ワタナベ)はリミットより100グラム軽い47.5キロで「2試合遠ざかっているKO勝ちを見せたい」と初防衛戦へ意気込んだ。挑戦者カルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)は47.1キロ。

 団体統一戦はダウン数でノックアウトが成立しないフリーノックダウン制が採用された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 異なる団体の世界王者らが参戦する「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ」(WBSS)バンタム級トーナメントの抽選会が20日、モスクワで行われ、世界ボクシング協会(WBA)同級王者の井上尚弥(大橋) …続き (21日 11:56)

記者会見後、ポーズをとるボクシング元世界王者の井岡一翔(20日午前、東京都渋谷区)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級など世界3階級制覇を果たし、昨年大みそかに引退を表明した井岡一翔(29)が20日、東京都内で記者会見し、米国で現役復帰することを表明した。今後はロサンゼルスを拠点 …続き (20日 12:58)

記者会見でポーズを取るWBOフライ級王者の木村翔(19日午後、東京都港区)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級王者の木村翔(青木)が27日に中国の青島で2度目の防衛戦を行うと19日、所属ジムが発表した。同級4位のフローイラン・サルダール(フィリピン)と対戦する。木村は東京 …続き (19日 16:36)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]