/

ヤクルト中沢が引退へ ドラフト1位、通算13勝

ヤクルトの中沢雅人投手=共同

ヤクルトは24日、中沢雅人投手(35)が今季限りで現役を引退すると発表した。球団を通じ「優勝も経験し、感謝しかない。先発、中継ぎを経験でき、野球人生の財産になっている」などとコメントした。

左投手の中沢は富山商高から中大、トヨタ自動車を経て2010年にドラフト1位でヤクルトに入団。15年は35試合に投げてセ・リーグ優勝に貢献した。今季は23日現在救援として28試合に投げて1勝1敗、防御率7.36。通算では202試合に登板し、13勝15敗、防御率5.16。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン