/

フィギュア成年女子、坂本が優勝 国体スケート

(更新)

国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会第4日は30日、名古屋市のガイシプラザなどで行われ、フィギュアの成年女子は2018年平昌冬季五輪代表の坂本花織(兵庫・神戸学院大)がフリーで149.33点を出し、前日のショートプログラム(SP)に続いて1位となり、合計227.78点で2連覇した。川畑和愛(東京・早大)が2位だった。

フィギュア成年女子 優勝した兵庫・坂本花織のフリー(30日、名古屋市ガイシプラザ)=代表撮影・共同

スピードの1500メートルで少年男子は井出雄斗(長野・小海高)、少年女子は堀川桃香(北海道・白樺学園高)が勝ち、成年男子は高田衛(岐阜・恵那市体育連盟)、成年女子は小坂凜(三重県スポーツ協会)が制した。

ショートトラックが始まり、1000メートルで成年男子は吉永一貴(愛知・中京大)、成年女子は神長汐音(長野・全日空商事)が頂点に立ち、少年男子は宮田将吾(大阪・大商大高)、少年女子は犬塚莉帆(埼玉・秀明英光高)が制した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン