スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

藤田騎手が28勝目 女性年間最多勝、自己記録を更新

2019/9/14 13:16
保存
共有
印刷
その他

日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(22)は14日、中山競馬場で行われた第1レースで1番人気のデビルスダンサーに騎乗して1着となり、藤田自身が昨年マークした女性騎手のJRA年間最多勝記録(27勝)を更新する28勝目を挙げた。

藤田はデビューした2016年はJRAで6勝。17年には14勝を挙げて従来の記録(11勝)を20年ぶりに更新し、昨年は605回の騎乗で27勝まで伸ばしていた。

今年はG1に初騎乗を果たし、女性騎手のワールドカップ(スウェーデン)で総合優勝するなど活躍。JRA478回の騎乗で記録を更新した。

藤田は「去年の自分の成績を早く抜けて良かった。一つずつ勝ち星を積み重ねて、自分の記録を毎年更新していければと思う」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 日本中央競馬会(JRA)は21日の定例記者会見で、計156頭の競走除外馬を出した禁止薬物問題の再発防止対策を発表した。JRA施設内における飼料販売業者を承認制とし、厩舎関係者が競走馬に与えることがで …続き (19:37)

 日本中央競馬会(JRA)は21日、2020年の日程を発表し、東京五輪期間中(7月24日~8月9日)は馬術競技への所属獣医師、馬運車の派遣要請への対応と、暑熱対策のため例年の3場開催から小倉を休止し、 …続き (18:06)

菊花賞で優勝した武豊騎乗のワールドプレミア(左)=共同

 「ひと言で(いえば)騎手がうまいですよね」。最後の一冠を制したワールドプレミアの友道康夫調教師は勝因を問われ、こう答えた。この言葉通り、50歳7カ月6日という菊花賞の最年長優勝記録を更新した武豊の熟 …続き (20日 23:29)

ハイライト・スポーツ

[PR]