/

ボクシング高山が前日計量パス プロ復帰戦に「必ず勝つ」

ボクシングのミニマム級で世界主要4団体の王座を獲得した実績を持つ高山勝成(寝屋川石田)が26日、プロ復帰戦となる27日のライトフライ級6回戦に向けた前日計量に臨み、リミットより100グラム軽い48.8キロでパスした。代理人を通じ「4年4カ月ぶりのプロでの試合だが、必ず勝って来年につなげていく」などとコメントした。

試合は大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、小西伶弥(SUN-RISE)と対戦する。当初は11月23日の予定だったが小西の新型コロナウイルス感染で中止、仕切り直しとなっていた。

37歳の高山は東京五輪を目指してアマチュアに転向し、代表入りを逃して再びプロとなった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン