その他スポーツ

奥原、右膝負傷で準決勝棄権 バドミントンのジャパンOP

2017/9/23 14:37
保存
共有
印刷
その他

バドミントンのジャパン・オープン第5日は23日、東京体育館で各種目の準決勝が行われ、女子シングルスで8月の世界選手権を制した奥原希望(日本ユニシス)は右膝負傷のため棄権した。リオデジャネイロ五輪金メダルのカロリナ・マリン(スペイン)と対戦予定だった。

混合ダブルスの保木卓朗(トナミ運輸)広田彩花(再春館製薬所)組はインドのペアを破って決勝に進んだ。女子ダブルスはリオ五輪覇者の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が福島由紀、広田組(再春館製薬所)と対戦。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

男子やり投げ(座位) 23メートル37で7位の小曽根亮(13日、ドバイ)=共同

 【ドバイ=共同】パラ陸上の世界選手権第7日は13日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで行われ、男子の決勝種目でやり投げ(座位F54)の小曽根亮(葉山町役場)は23メートル37で7位、走り幅跳び(知 …続き (0:20)

 バドミントンの香港オープンは13日、香港で各種目の1回戦が行われ、シングルスの女子は奥原希望(太陽ホールディングス)、山口茜(再春館製薬所)らが2回戦に進んだ。男子の桃田賢斗(NTT東日本)は優勝し …続き (13日 23:34)

 来年の東京パラリンピックで初採用されるパラバドミントンの国際大会、ジャパンパラ国際が13日、本番会場の国立代々木競技場で開幕した。来年のテスト大会を兼ね、35カ国・地域から約220人が参加する。
 女 …続き (13日 23:34)

ハイライト・スポーツ

[PR]