サッカー

日本・豪NZなど4候補が招致 23年のサッカー女子W杯

2019/12/14 21:42
保存
共有
印刷
その他

【クリンゲンタール(ドイツ)=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は13日、2023年女子ワールドカップ(W杯)について、日本、ブラジル、コロンビアのほか、オーストラリアとニュージーランドの共催の4候補から試合会場などの計画を記した招致ブックが提出されたと発表した。

23年大会は出場チームがこれまでの24から32へと拡大する。女子W杯の初開催を目指す日本は、国立競技場や埼玉スタジアムなど8会場を舞台とする案を提出した。13日がFIFAへの必要書類の提出期限で、北朝鮮との共催に関心を示していた韓国は撤退した。

FIFAは来年1、2月に各候補地を視察して開催能力を評価し、アディスアベバ(エチオピア)で6月に行われる予定の理事会で開催地が決まる見通し。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカー男子の東京五輪予選を兼ねたU―23(23歳以下)アジア選手権第12日は22日、バンコクなどで準決勝が行われ、韓国とサウジアラビアが上位3チームに与えられる五輪出場権を獲得した。韓国は9大会連 …続き (0:47)

 【バンコク=共同】タイ・サッカー協会は22日、同国代表の西野朗監督との契約を2年延長することで基本合意したと明らかにした。24日に正式契約を交わす。
 西野氏は前日本代表監督で、昨年7月にタイ代表監督 …続き (0:47)

 元日決勝だった天皇杯全日本選手権で初優勝したJ1神戸が22日、神戸市内で始動して約1時間、ミニゲームなどで汗を流した。昨季8位だったリーグ戦と初めて出場権を手にしたアジア・チャンピオンズリーグ(AC …続き (22日 18:34)

ハイライト・スポーツ

[PR]