/

楽天・久保裕也が現役引退 「松坂世代」の40歳投手

(更新)
楽天の久保裕也投手=共同

楽天の久保裕也投手(40)が7日、今季限りで現役を引退すると表明した。18年目の今季は5試合に登板して1勝0敗、防御率13.50だった。オンラインで記者会見を行い「今季、結果を出せずに力の衰えを感じた。イーグルスに入団する時に最後の球団にすると決めていた」と決断理由を語った。

1980年生まれの「松坂世代」の一人。同世代の選手と切磋琢磨した。特に横浜(現DeNA)時代の村田修一内野手と対戦するときは強く意識したといい「絶対に打たれたくなかった。高校、大学、プロで対戦したし、気持ちが入っていた」と振り返った。

西武の松坂大輔投手、ソフトバンクの和田毅投手に対しては「いつか必ずやめるときがくる。一年でも長く、納得いくまでやってほしい」とエールを送った。

福岡・沖学園高から東海大を経て2003年に自由獲得枠で巨人に入団。10年に79試合に登板し、11年には20セーブを挙げた。16年はDeNAでプレーし、17年に楽天に加入した。通算成績は506試合で54勝37敗37セーブ、防御率3.45。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン