/

レスリング文田「やってきたこと出す」 アジア選手権

レスリングで男子グレコローマンスタイル60キロ級東京五輪代表の文田健一郎(ミキハウス)が15日、代表決定後初の実戦となるアジア選手権(18日開幕・ニューデリー)への出発前に成田空港で取材に応じ「(優勝した昨年9月の)世界選手権が終わってから五輪に向けてやってきたことを出すことをすごく意識している」と意気込みを口にした。

アジア選手権出発を前に、マスク姿で写真撮影に応じるレスリング東京五輪代表の文田健一郎(中央)ら(15日午前、成田空港)=共同

新型コロナウイルスによる肺炎の影響で出場を回避した他国選手もいるが「あまり左右されずに自分のやるべきことをやる」とマスク姿できっぱり。昨年のアジア選手権は敗者復活戦を勝ち上がっての銅メダルにとどまっただけに「前回すごく悔しい思いをしたので、それを取り返す気持ちの方が大きい」と雪辱を期した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン