/

夏場所控え土俵祭り 9日に初日、3日目まで無観客

大相撲夏場所初日を翌日に控えた8日、会場となる東京都墨田区の両国国技館で土俵祭りが営まれ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や審判部の親方衆、行司らが参加して15日間の安全を祈願した。新型コロナウイルス対策として、21場所ぶりに大関復帰の照ノ富士ら力士は参加しなかった。

東京・両国国技館で行われた大相撲夏場所の土俵祭り。奥中央は八角理事長(8日)=共同

夏場所は緊急事態宣言発令に伴い、11日の3日目までは無観客開催。東京都で大規模イベントの人数制限が緩和される12日の4日目以降は上限約5千人の観客を入れる。

3場所連続で行った親方、力士ら全協会員対象のPCR検査では初めて全員が陰性だった。3月に右膝を手術した一人横綱の白鵬は6場所連続で休場する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン