/

小平、66で14位に浮上 米男子ゴルフ第2日

【サウザンドオークス(米カリフォルニア州)=共同】米男子ゴルフのZOZOチャンピオンシップは23日、ロサンゼルス郊外のシャーウッドCC(パー72)で第2ラウンドが行われ、小平智が66と伸ばし通算10アンダー、134で14位に上がった。首位とは4打差。

第2ラウンド、11番でティーショットを放つ小平智。通算10アンダーで14位(23日、シャーウッドCC)=共同

金谷拓実は67で通算7アンダーの35位、星野陸也は70で6アンダーの40位。今平周吾は64、石川遼は66で5アンダーの48位に上がり、71の松山英樹は3アンダーで61位に下がった。堀川未来夢は73位、関藤直熙は77位。

連日の65をマークしたジャスティン・トーマス(米国)が通算14アンダーでトップ。1打差の2位にディラン・フリッテリ(南アフリカ)ら2人がつけた。66で回ったタイガー・ウッズ(米国)は66位。今大会は予選落ちなしで争われる。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン