/

ボクシング京口、挑戦者とともに前日計量パス WBA世界戦

【ダラス(米テキサス州)=共同】世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が12日、米テキサス州ダラスで3度目の防衛戦の前日計量に臨み、リミットを100グラム下回る48.8キロでパスした。挑戦者アクセル・アラゴン・ベガ(メキシコ)は48.6キロでクリアした。

計量会場でポーズを取るWBAライトフライ級スーパー王者の京口紘人(左)と挑戦者アクセル・アラゴン・ベガ(12日、米テキサス州ダラス)=共同

京口にとっては2019年10月以来の一戦で、米国では初めての試合。昨年11月に大阪で予定された防衛戦は自身の新型コロナウイルス感染で中止になり「試合を流した時に悲しんでくれたファン、家族と一緒に闘いたい」と力を込めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン