2019年5月19日(日)

その他スポーツ

皆川、日本勢最高に並ぶ5位 世界新体操の個人総合

2017/9/2 13:00
保存
共有
印刷
その他

個人総合決勝で演技を終え、観客に手を振る皆川夏穂(1日、ペーザロ)=共同

個人総合決勝で演技を終え、観客に手を振る皆川夏穂(1日、ペーザロ)=共同

【ペーザロ(イタリア)=共同】新体操の世界選手権第3日は1日、イタリアのペーザロで個人総合決勝が行われ、昨年のリオデジャネイロ五輪代表で今大会の種目別フープ銅メダリストの皆川夏穂(イオン)が4種目合計68.425点で5位に入り、1975年大会の森野容子に並ぶ日本勢の最高成績を収めた。

国際体操連盟によると、42年前の同大会では当時強豪国のソ連やブルガリア、東ドイツはボイコットしていた。

16歳で初出場の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)は合計62.700点で12位と健闘。19歳のディナ・アベリナ(ロシア)が74.700点で初制覇して種目別と合わせて3冠に輝き、双子の姉アリーナが2位。

フープ、ボール、クラブ、リボンの4種目の合計得点で争われ、皆川は予選9位、喜田は同21位で上位24人による決勝に進んでいた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 【ニューヨーク=共同】米プロバスケットボールNBAのプレーオフ、西カンファレンス決勝(7回戦制)は18日、ポートランドで第3戦が行われ、3連覇を狙うウォリアーズがトレイルブレーザーズを110―99で …続き (15:33)

男子100メートル決勝で優勝したガトリン(右)と2位の桐生(19日、ヤンマースタジアム長居)

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪は19日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子100メートルは追い風1.7メートルの条件下で、日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が10秒01で2位に …続き (14:37)

陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪の前日記者会見でポーズをとる(左から)桐生祥秀、ジャスティン・ガトリン、山県亮太(18日、ヤンマースタジアム長居)=共同

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪に出場する有力選手が開催前日の18日、会場となる大阪市のヤンマースタジアム長居で記者会見し、男子100メートルで9秒98の日本記録を持つ桐生祥秀(日本生命)は …続き (18日 20:40)

ハイライト・スポーツ

[PR]