/

マーリンズ、メジャー初の女性GM就任 アジア系のアング氏

【ニューヨーク=共同】米大リーグ、マーリンズは13日、大リーグ機構で運営部門の幹部を務めたキム・アング氏(51)のゼネラルマネジャー(GM)就任を発表した。メジャー史上初となる女性GMの起用で、球団によると、北米の男子プロスポーツにおいても過去に例がないという。

アジア系のGMはドジャースに在籍したザイディ氏(現ジャイアンツ編成本部長)以来、2人目。アング氏はホワイトソックスでの実習生から始まり、ヤンキース、ドジャースでGM補佐を務め、球団編成に携わってきた。チームを通じ「野球界に入った当時、女性がメジャー球団の編成を任されるようになるとは思えなかった。忍耐強く自分の目標を追い続けてきた」とコメントした。

マーリンズで最高経営責任者(CEO)を務める元ヤンキース主将のジーター氏は「豊富な知識と経験をもたらしてくれることを楽しみにしている」と期待を込めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン