/

ボルダリングW杯、渡部は総合V逃す 楢崎らは準決勝へ

【ミュンヘン=共同】2020年東京五輪で実施されるスポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は18日、ミュンヘンでボルダリング最終戦の予選が行われ、男子総合2位タイで迎えた渡部桂太(三重県連盟)は5つの課題(コース)のうち1完登にとどまって準決勝に進出できず、自身初の総合優勝を逃した。

他の日本男子は5完登の藤井快(東京都連盟)と緒方良行(福岡県連盟)、昨季W杯総合覇者で4つをクリアした楢崎智亜(栃木県連盟)ら5人が準決勝に進んだ。

女子は野中生萌(東京都連盟)が5完登、野口啓代(茨城県連盟)は4完登で予選を突破した。

19日は男女の準決勝と決勝が行われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン