/

松山、27位に後退 米男子ゴルフ第2日

【ダラス(米テキサス州)=共同】米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは10日、テキサス州ダラスのトリニティフォレストGC(パー71)で第2ラウンドが行われ、22位で出た松山英樹は2バーディー、1ボギーの70で回り通算5アンダー、137で27位に後退した。

第2ラウンド、7番で第2打を放つ松山英樹。通算5アンダーで27位(10日、トリニティフォレストGC)=共同

10バーディーで61と伸ばした康晟訓(韓国)が通算16アンダーで首位に立ち、4打差の2位にマット・エブリーとタイラー・ダンカン、さらに1打差の4位にブルックス・ケプカ(いずれも米国)がつけた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン