/

コンサドーレは1勝1敗 世界カーリング男子

(更新)

【カルガリー=共同】来年の北京冬季五輪出場枠が懸かるカーリング男子世界選手権は2日、カルガリーで開幕し、日本代表のコンサドーレは1次リーグ初戦でドイツを8-5で下したが、2戦目はカナダに5-8で敗れて1勝1敗となった。

ドイツ戦でショットを放つコンサドーレの松村=右(2日、カルガリー)=日本カーリング協会提供・共同

14チームが1回戦総当たりの1次リーグを行い、上位2チームが準決勝へ、3~6位が準決勝進出を争うプレーオフへ進む。1次リーグを突破した6チームが北京五輪出場枠を獲得する。

大会は新型コロナウイルス対策として、外部との接触を遮断する「バブル」方式で実施される。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン