スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

ウッズがマスターズ欠場 腰痛の影響

2017/4/1 9:30
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】男子ゴルフの元世界ランキング1位で、腰痛のため戦列を離れているタイガー・ウッズ(米国)は31日、自身の公式サイトで4月6日開幕のメジャー初戦、マスターズ・トーナメント(米ジョージア州オーガスタ)を欠場すると発表した。「出るために手を尽くしたが、腰のリハビリで戦う準備ができなかった」と声明を出した。

ウッズは41歳。1995年にマスターズに初出場し2005年までに4勝したが、近年は腰痛に苦しみ欠場は2年連続3度目となる。

今年1月に米ツアー大会に1年5カ月ぶりに出場したものの、2月の試合で状態を悪化させて途中棄権した。ウッズは「めどは立っていないが、復活のため精いっぱい努力を続ける」と意欲をつづった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

第2日、7番でバーディーパットを沈める今平周吾(18日、古賀GC)=共同

 日本オープン選手権第2日(18日・福岡県古賀GC=6817ヤード、パー71)悪天候による2度の中断を経て、日没サスペンデッドで60人が第2ラウンドを終えられなかった。競技を終えた中では71で回った今 …続き (18日 19:14)

 米女子ゴルフのビュイックLPGAは18日、上海の旗忠花園GC(パー72)で第2ラウンドが行われ、首位から出た畑岡奈紗は2バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの73で通算4アンダーの140とし、7打差 …続き (18日 18:41)

第1日、9アンダーで首位の稲見萌寧(18日、東急セブンハンドレッド)=共同

 富士通レディース第1日(18日・千葉県東急セブンハンドレッド=6675ヤード、パー72)7月にツアー初勝利を挙げた20歳の稲見萌寧が9バーディー、ボギーなしの63で首位に立ち、三ケ島かなが2打差で続 …続き (18日 16:43)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]