/

「マラドーナ競技場」に改称 古巣ナポリの本拠地

【ロンドン=共同】先月25日に死去したサッカー元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナさんが現役時代に活躍したイタリア1部リーグ(セリエA)のナポリは4日、本拠地を「ディエゴ・アルマンド・マラドーナ競技場」に改称したと発表した。同日のナポリ市議会で承認された。

亡くなったディエゴ・マラドーナさんを悼む横断幕が飾られたサンパオロ競技場(11月29日、ナポリ)=AP

マラドーナさんは全盛期の1984~91年にナポリでプレーし、2度のセリエA優勝や欧州連盟カップ(現欧州リーグ)制覇の原動力となった。

従来のスタジアム名は「サンパオロ競技場」で、90年ワールドカップ(W杯)イタリア大会でも使用された。準決勝でマラドーナさんが主将だったアルゼンチンが、PK戦の末に地元イタリアを退けた舞台としても知られる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン