サッカー

吉田麻也、サンプドリアへ期限付き移籍 日本代表主将

2020/2/1 9:35
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)のサンプドリアは1月31日、イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンから日本代表主将のDF吉田麻也を今季終了までの期限付き移籍で獲得したと発表した。

31歳の吉田は2012年にVVVフェンロ(オランダ)からサウサンプトン入りし、プレミアリーグで日本人最多の通算154試合に出場。8シーズン目の今季は昨年11月から出場機会が激減し「いいクラブがあって行けるタイミングなら行く。新たなチャレンジをしてもいい」と移籍に前向きな姿勢を示していた。

サンプドリアはジェノバに本拠地を置き、03~04年には元日本代表FW柳沢敦が在籍した。今季はセリエAで16位と低迷している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 【ベルリン=共同】サッカーの欧州リーグは10日、ドイツ各地で準々決勝2試合が行われ、インテル・ミラノ(イタリア)とマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が4強入りした。
 インテル・ミラノはルカ …続き (10:14)

 【ベルリン=共同】サッカーのスペイン1部リーグ、ビリャレアルは10日、レアル・マドリードから日本代表MF久保建英(19)が1シーズンの期限付き移籍で加入すると発表した。
 ビリャレアルは2019~20 …続き (2:02)

 サッカーの海外各リーグは9日、各地で行われ、ベルギー1部でシントトロイデンの鈴木優磨はヘントとの開幕戦に先発し、前半2分に先制点を挙げた。後半30分に交代した。新加入の中村敬斗も先発し、後半14分に …続き (10日 15:11)

ハイライト・スポーツ

[PR]