/

サッカー日本女子が準V 夏季ユニバ、陸上110障害で泉谷3位

【ナポリ(イタリア)=共同】ユニバーシアード夏季大会第10日は12日、イタリアのナポリなどで行われ、サッカー女子の日本は決勝で北朝鮮に1-2で屈し、準優勝だった。

女子サッカーで獲得した銀メダルを胸に写真に納まる日本の選手たち(12日、ベネベント)=共同

陸上は男子110メートル障害の泉谷駿介(順大)が13秒49で銅メダル。同棒高跳びで6月の日本選手権で優勝した江島雅紀(日大)は7位だった。

テニス女子シングルスは佐藤南帆(慶大)が準決勝でタイ選手に勝って決勝に進出。バレーボール女子の日本は3位決定戦でハンガリーを下し、銅メダルだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン