/

八村所属のウィザーズ、6選手がコロナ陽性 4戦連続の延期

【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAで八村塁が所属するウィザーズのシェパード・ゼネラルマネジャー(GM)は15日、オンラインでの取材に応じ、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示した6選手を含む9選手が感染防止規定の対象となっていると発表した。八村も規定の対象だが、陽性かどうかは不明。

複数の故障者もいるウィザーズはリーグの定める試合実施可能な選手数の8人をそろえられないため、本拠地ワシントンで行われる17、18日(日本時間18、19日)のキャバリアーズ戦の延期も決まった。ウィザーズはこれで13日から4試合連続の延期となった。

NBAでは選手が陽性反応を示した場合、最低12日間の離脱が定められている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン