サッカー

中山が移籍後初ゴール サッカー、オランダ1部

2020/1/18 9:04
保存
共有
印刷
その他

サッカーのオランダ1部リーグで17日、ズウォレの中山雄太はホームのユトレヒト戦にフル出場し、2-3の後半終了間際に同点ゴールを挙げた。試合は3-3で引き分けた。

東京五輪世代で22歳のDF中山は2019年1月にJリーグの柏から加入。これがオランダ移籍後初ゴールとなった。ズウォレのファンウェルメスケルケン際は出場機会がなかった。〔ベルリン=共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 J1鹿島のザーゴ監督が2日、練習後にオンライン取材に応じ、再開初戦となる4日の川崎戦へ「連係は高まっている。優勝候補の一角の川崎に対し、自分たちのやるべきことをやりたい」と意気込みを語った。
 今季就 …続き (15:12)

ポルトゲーザ戦でパスを出すボタフォゴの本田(1日、リオデジャネイロ)=共同

 サッカーのリオデジャネイロ州選手権で本田圭佑が所属するボタフォゴは1日、ポルトゲーザに0―0で引き分けた。本田は先発出場したが得点はなく、後半25分に交代した。
 同州選手権は後期の1次リーグが終了し …続き (14:31更新)

レッチェ戦の後半、クロスに飛び込みゴールを狙うサンプドリアの吉田(1日、レッチェ)=共同

 【ミラノ(イタリア)=共同】サッカーの海外各リーグは1日、各地で行われ、イタリア1部(セリエA)でサンプドリアの吉田麻也はレッチェ戦にフル出場した。新型コロナウイルスの影響による中断明けに3連敗して …続き (10:27)

ハイライト・スポーツ

[PR]