/

ロシア勢略称は「ROC」 IOC、東京五輪適用の処分決定

【ジュネーブ=共同】組織的なドーピング問題でロシア選手団を2022年12月まで主要国際大会から除外したスポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定を受け、国際オリンピック委員会(IOC)は19日、今夏の東京五輪と来年2月の北京冬季五輪で適用する処分の詳細を発表し、通常「RUS」の略称は「ROC(ロシア・オリンピック委員会)」の使用を定めた。

ユニホームに「ロシア・オリンピック委員会」とフル表記することは禁じ、「ロシア」の文字が入る場合は「中立選手」と併記することを求めた。エンブレムはロシア国旗と同じ白、青、赤の3色で炎を模したROCのエンブレムを用いる。

使用を禁じた国旗の代用として白地にROCのエンブレムを配した旗を用い、国歌の代わりとなる楽曲はROCの提案をIOC理事会で諮る。

ロシア勢は違反歴や疑惑がない選手のみ個人資格で出場が認められる。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン