/

スケボー女子、西村碧莉ら3人が五輪代表確定

スケートボード・ストリートの東京五輪予選対象大会最終戦となる世界選手権第3日は4日、ローマで女子準決勝が行われ、19歳の西村碧莉(木下グループ)が14.24点の2位、15歳の中山楓奈が13.88点の3位、13歳の西矢椛(ともにムラサキスポーツ)が12.10点の7位に入り、いずれも8選手による6日の決勝に進出して五輪出場も確定させた。

国・地域の五輪出場枠は最大3。上位3選手が優先的に出場権を得る今大会で、3人は表彰台を逃しても五輪予選ランキングで出場権を得る。

赤間凛音は12位、織田夢海(愛知・港南中)は20位、伊佐風椰(ミキハウス)は27位で敗退し、五輪を逃した。

東京五輪で初採用されるスケートボードは、パークも女子3人の出場が確定している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン