/

梅木が銅、飯田は3回戦敗退 世界柔道

柔道の世界選手権第6日は11日、ブダペストで男女各1階級が行われ、女子78キロ級は2015年覇者で26歳の梅木真美(ALSOK)が3位決定戦でウクライナ選手に合わせ技で一本勝ちした。

16年リオデジャネイロ五輪代表の梅木は1回戦から3試合連続一本勝ちだったが、準決勝でアナマリア・ワーグナー(ドイツ)に優勢で屈した。同級日本勢は2大会ぶりの頂点を逃すも5大会連続メダル。ワーグナーが初優勝を果たした。

男子100キロ級で18年アジア大会王者の飯田健太郎(旭化成)は3回戦敗退。同級日本勢は2大会ぶりにメダルを逸し、優勝には3大会連続で届かなかった。ジョルジェ・フォンセカ(ポルトガル)が2連覇。

第6日を終え、日本勢の金メダルは女子が2個、男子が1個。東京五輪日本代表は出場しない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン