/

松山、2年連続予選落ち 全英ゴルフ第2日

【ポートラッシュ(英国)=共同】男子ゴルフのメジャー最終戦、全英オープン選手権は19日、北アイルランドのロイヤルポートラッシュGC(パー71)で第2ラウンドが行われ、松山英樹は1番でトリプルボギーをたたくなど74と落とし通算3オーバー、145で2年連続予選落ちとなった。稲森佑貴と浅地洋佑が通算1オーバーの58位で決勝ラウンドに進んだ。

第2ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹(19日、ロイヤルポートラッシュGC)=共同

首位から68で回ったJ・B・ホームズ(米国)、67だったシェーン・ローリー(アイルランド)が通算8アンダーでトップ。1打差の3位にトミー・フリートウッドとリー・ウェストウッド(ともに英国)がつけた。

ロリー・マキロイ(英国)、アマチュアの金谷拓実(東北福祉大)は通算2オーバーで決勝ラウンド進出に1打及ばなかった。藤本佳則、堀川未来夢、タイガー・ウッズ(米国)、池田勇太、今平周吾も予選落ち。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン