/

錦織、2季ぶり4強ならず ABN・AMROテニス

【ジュネーブ=共同】男子テニスのABN・AMROワールドは5日、オランダのロッテルダムで行われ、シングルス準々決勝で世界ランキング45位の錦織圭(日清食品)は同26位のボルナ・チョリッチ(クロアチア)に6-7、6-7で敗れ、2019年4月のバルセロナ・オープン以来、2シーズンぶりの4強入りはならなかった。

シングルス準々決勝でボルナ・チョリッチに競り負けた錦織圭(5日、ロッテルダム)=共同

両セットともタイブレークにもつれたが、勝負どころで競り負けた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン