/

大谷が今季初本塁打、沢村はデビュー戦で1回無失点 大リーグ

(更新)

【アナハイム=共同】米大リーグは2日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのホワイトソックス戦に「2番・指名打者」でフル出場し、今季初本塁打となる2ランを放つなど5打数1安打2打点、2得点で3三振だった。チームは8-12で敗れた。

ホワイトソックス戦の9回、今季初本塁打となる2ランを放ちレンドン(右)に迎えられるエンゼルス大谷(2日、アナハイム)=共同

大谷はメジャー通算48本塁打で城島健司(元マリナーズ)に並び、日本選手歴代3位とした。

レッドソックスの沢村は悪天候で延期されていたオリオールズとの開幕戦で、0-3の九回に5番手としてメジャーデビューし、1回を1安打無失点、1三振だった。チームはそのまま敗れた。

オリオールズとの開幕戦の9回に登板してメジャーデビューを果たしたレッドソックス沢村(ボストン)=AP

マリナーズの菊池はジャイアンツ戦で今季初先発し、6回を投げて2本塁打を含む6安打3失点、10三振1四球で勝敗が付かなかった。チームは3-6で敗れた。

レイズの筒香はマーリンズ戦に「1番・一塁」でフル出場し、3打数無安打、1四球1三振。チームは6-4で勝った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン