/

アギーレ監督、裁判所出頭の可能性 スペイン八百長疑惑で

【バルセロナ=共同】サッカーのスペイン1部リーグでの八百長疑惑に絡み、同国検察庁の反汚職課が日本代表のアギーレ監督を含む関係者33人についての調査報告書を近くバレンシア裁判所に提出すると28日、スペインのマルカ紙が報じた。

同紙によると、アギーレ監督は今後、裁判所から出頭を求められる可能性があり、日本代表での活動に影響を及ぼすこともあり得る。同監督がサラゴサ(現2部)を率いていた2011年5月のレバンテとの試合について、八百長の疑いがあると報じられている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン