その他スポーツ

高木美、女子3000で12位 スピードW杯

2019/11/23 8:15
保存
共有
印刷
その他

【トマショフマゾウィエツキ(ポーランド)=共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦第1日は22日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで行われ、女子3000メートルで高木美帆(日体大助手)は4分12秒26で12位だった。マルティナ・サブリコバ(チェコ)が優勝。

女子3000メートルで12位の高木美帆(22日、トマショフマゾウィエツキ)=共同

女子3000メートルで12位の高木美帆(22日、トマショフマゾウィエツキ)=共同

男子5000メートルはパトリック・ルスト(オランダ)が制し、土屋良輔(メモリード)は最下位の16位に終わった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 日本陸連は27日、新型コロナウイルスの影響で閉鎖していた東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)陸上トレーニング場を28日から利用可能にすると発表した。
 再開にあたってのガイドライ …続き (21:37)

 スポーツ庁は2020年度第2次補正予算案で、全国高校野球選手権大会(甲子園)や全国高校総合体育大会(インターハイ)などの中止を受け、各自治体レベルで開催が検討されている代替の地方大会に関し、開催支援 …続き (21:33)

IPCでただ一人の日本人常勤職員である篠原果歩さん(右)と、同じくIPCで働くアニカ・ゼーンさん

 パラリンピックは社会の多様性を体現するスポーツ大会だ。障害者というマイノリティーが主役となるだけでなく、その障害にもいろいろあることを、観客が目の当たりにして新たな価値観に気づく。
 大会を統括する国 …続き (20:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]