ラグビー

23年ラグビーW杯、抽選会12月 日本は第2グループ

2020/10/3 1:17
保存
共有
印刷
その他

ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーは2日、2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会の1次リーグ組み合わせ抽選会を12月14日にパリで行うと発表した。新型コロナウイルスの影響を考慮し、20年1月1日時点の世界ランキングを基に五つのグループに分けて抽選し、4組に振り分ける。8位だった日本(現在9位)は第2グループとなった。

昨年のW杯日本大会では日本は第3グループだった。上位のグループに入ることで、優位な組み合わせになる可能性は高まる。大会には20チームが出場。抽選では各グループから1チームずつ選び、1次リーグ4組の構成を決める。日本を含めた12チームが既に出場権を獲得している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

慶大―早大の後半、トライを決める早大・河瀬(22日、秩父宮)=共同

 ラグビーの関東大学リーグは23日、東京・秩父宮ラグビー場などで対抗戦の3試合が行われ、昨季の大学王者、早大が慶大を22―11で下して開幕6連勝とした。優勝争いは早大と5勝1敗の明大に絞られ、12月6 …続き (23日 17:41)

フランス代表のCTBバカタワ(中)。この試合唯一のトライを決め勝利に貢献した(22日、英エディンバラ)=ロイター

 ラグビーの国際大会「オータムネーションズ・カップ」は22日、英国のエディンバラでB組の1試合が行われ、フランスがスコットランドを22―15で下した。中止となったフィジー戦が大会規定により不戦勝扱いの …続き (23日 12:41)

帝京大―明大の前半、パスを出す明大・飯沼=左端(22日、秩父宮)=共同

 ラグビーの関東大学リーグは22日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、対抗戦は明大が帝京大に39―23で逆転勝ちし、5勝1敗とした。帝京大は2敗目(4勝)を喫し、優勝の可能性がなくなった。

 明大は前 …続き (22日 20:57)

ハイライト・スポーツ

[PR]