/

空手・宮原が決勝進出、組手五輪代表に確定

【ザルツブルク(オーストリア)=共同】空手のプレミアリーグ(PL)ザルツブルク大会は28日、オーストリアのザルツブルクで開幕し、組手女子の宮原美穂(帝京大職)が、東京五輪の女子55キロ級の日本代表となることが確定した。空手では5人目の代表確定で、組手女子では初めて。

組手女子50キロ級の準決勝でフランス選手に突きを放つ宮原美穂(右)。東京五輪の女子55キロ級の日本代表となることが確定した(28日、ザルツブルク)=共同

宮原は女子50キロ級で3月1日の決勝に進出し、世界空手連盟(WKF)五輪ランキングで日本勢2番手の山田沙羅(大正大職)に日本連盟が定める基準以上の差をつけた。五輪では女子50キロ級は55キロ級と統合され55キロ級となる。

男子60キロ級の佐合尚人(高栄警備保障)は3回戦で敗退。男子67キロ級に篠原浩人(マルホウ)、女子55キロ級に山田が登場。

形女子の大野ひかる(大分市消防局)は3位決定戦に進んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン